お酒買取の評判口コミ

\高く売るならまず査定/

トップページ > 埼玉県

不要になったけど片づけるきっかけがなかった…
もらいものだから捨てられなかった…
遺品整理でお酒が出てきた…


そんな悩みをお持ちの方へ。

こちらでは、埼玉県内でもう不要になってしまったお酒を整理したい方のために、査定料0円・送料無料で高価買取してくれるバイセルをご紹介しています。

【高価買取強化中!】お酒を売るなら出張買取または宅配買取がおすすめ!

お酒と一言でいっても、いろいろな種類があります。

ひと昔前までは品物を店舗まで持っていく持込買取(店頭買取)が主流でしたが、今ではまとめて売れる出張買取や宅配買取のほうがメリットが大きいと評判です。

というのも、全国チェーンの買取専門業者であれば、変な値段で買いたたかれるようなリスクが少なそうという安心感がありますよね。

あとは、出張買取の場合は品物を運ぶリスクがありません。(収納場所から出すときぐらいでしょうか)

バイセルのような大手であれば予定していたお酒以外にも貴金属なども一緒に査定してもらう事も可能になるため、メリットが大きいです。

もし万が一急に不安になったり満足できなくなってもクーリングオフ制度の対象になっていますから、その点も安心です。

評判で選ぶならバイセル
\お酒が高い!全国対応/

査定料0円・キャンセル料無料
PC・スマホから査定申込OK
買取方法出張買取
宅配買取
お持込み買取
対応エリア全国
送料
キャンセル料
すべて無料
(※返送時の送料はお客様負担)
  • 宅配買取の送料無料
  • キャンセル料無料
  • 最短30分で出張査定
  • 顧客満足度NO.1で人気
  • 査定だけでもOK

【お酒買取実績はこちら】
ブランデー、ウィスキーが買取対象です
洋酒、古いお酒、箱を無くしてしまったもの、ミニチュアボトル、グラス、オープナー、バカラの空き瓶、流行から外れたもの、など

【用意しておくもの】
運転免許証やパスポートなどの本人確認書類

まとめ

こちらでは、使い道のないお酒を処分したい方のために、おすすめのバイセル買取をご紹介しました。

眠っているお酒などがそのままになっていませんか?

この際バイセルを利用してスッキリ整理してみましょう。

こちらでご紹介しているバイセルは、無料で査定を行なってくれるので安心です。出張買取を希望する際には、女性査定員を指名することも可能なので、女性の方も安心してご利用を検討してみてくださいね。

埼玉県の方向けお酒買取によくあるQ&A

今一番注目されているお酒買取サービスを検討中の方のために、よくある質問と答えをQ&A形式でご紹介しています。

良ければ査定に申し込む前にチェックしておくことをおすすめします。

Q. 遺品整理をしていたら古いお酒が出てきました。お酒の買い取りって制限はありますか?

A. 基本的に制限はありません。

お酒を複数持っている方は、なるべくまとめて査定してもらった方がおすすめです。

ちなみにほとんどの業者が、買取予定の品以外の査定も追加で行なってくれます。

査定が無料な業者を選んだなら、価値が分からないものや不要なものなどまとめて査定してもらうことをおすすめします。

Q. 大切なお酒を売ろうと思うんですが、少しでも高く買取してもらう方法ってありますか?

A. 高価買取、高額査定をしてもらうコツはあります。

  • 持込買取より出張買取か宅配買取で売る
  • まとめて売る
  • 箱や付属品、証明書があれば一緒に売る

相場より高値で売るコツは上記のとおりです。

そのほか、高値で買い取ってくれるお酒は人気の色や状態などが関係してくるようです。

あとは、人気の高いものは市場価値が上がるのでその分高く買い取ってくれるようですね。

お酒買取の基礎知識コラム

中古のブランド品を、業者に買い取ってもらう場合の買取価格についてですが、価格が違ってくる大きな要因として、商品が新しいか、それとも使い古されたものか、ということがあります。

使った形跡が見あたらないような新品の方が、高い値段がつくというのは極々、自然で当然のことです。

使われた形跡が、ありありとわかる物でも極端に古いものでない限りは、買い取ってもらえることが多いのですが、自分で出来る限り、きれいにしておきましょう。

バッグでしたら、見てそれとわかるような目立つ汚れは拭き取ってやり、ほこりも丁寧に払いましょう。

査定に少しでも影響を与えられるようにほんの少し、がんばってみることも大事です。

不要になったブランド品があって、もったいないので買い取りサービスを利用したいと思っていても、簡単に訪ねて行けるところに、こういうお店が存在せず、お店に売りたい品物を持って行く時間もないといった人も大勢いるはずです。

そういった場合は、宅配買い取りサービスを提供しているところをみつけて利用するのが良いでしょう。

お店の用意してくれる宅配キットで、売りたい商品を送付し、それをお店の方で受け取って中のものを査定してくれます。

査定額を連絡してきますので、その金額でよければ、売買が成立し、料金が振り込まれるという流れです。

学生さんなどの若い人がブランド品を使いこなしている光景も、そう珍しい物ではなくなってきましたが、買取店でブラド品を売ることは実は年齢制限があることを知っておきましょう。

規定は店ごとに異なっており、原則として20歳未満の人との取引はしない、としたり、売却に保護者が同意していて、書類を用意していれば18歳以上の未成年でも、買取をしてもらえるなどといったお店もあり、その対応は様々です。

未成年の人が、買取店を利用しようと考えているなら、そのお店の情報、特に年齢制限のところなどは確認をしておくべきでしょう。

知らない人はいない高級ブランドであるブルガリは、時計、宝石、アクセサリー、比較的新しい時代に入ると香水、バッグなど、品質の高いものばかりを数多く発表してくれています。

ソティリオ・ブルガリは1884年、ローマにてブルガリを立ち上げました。

長い歴史を経ていくうち、各国へ進出を果たしていき、世界中に直営店を持つような、巨大ブランドになっています。

少なくとも、ブルガリの時計に限定していえば、買取点では、人気の高さからいっても、また、外観の傷などについては修復が可能なことを考えると、高い値段で買い取ってくれる店は多いでしょう。

使わないブランド品がいくつかあるから買い取ってもらおう、という際、買い取ってもらう時期は別に何も関係ない、と思い込んでいる人はいませんか。

しかし、そうとばかりも言い切ることはできないのです。

実は、ブランド品買取業者の多くは割と頻繁に、多様なキャンペーンを行うのが常で、その期間中に利用するとキャンペーン内容によっては査定額が通常より上がる物すらあります。

その内容はどんなものなのか、少し例を挙げると、期間中は査定額を少々アップしてくれる、という嬉しいものであったりお店でのポイントを多くつけてくるもの、あるいはクオカードをプレゼントしてくれる、といったものもあるようです。

上手に利用しましょう。

ヴィトンといえば、そもそもが鞄屋さんだったこともあり、バッグ、財布といった製品で絶大な人気を誇るファッションブランドであり、ブランド名は創始者である職人ルイ・ヴィトンからきています。

ルイ・ヴィトンといえば、言わずと知れたモノグラムでしょう。

モノグラムとは文字を組み合わせたマークのことですが、LとVの、ルイ・ヴィトンの象徴ともいえるパターンは形状と相まって、落ち着きのある雰囲気を醸し出しています。

ヴィトンが好きな年代というのは幅が広いのが特徴で、定番商品の人気は衰えを知りませんが、よく出る新作や、限定品の類が人気となることもあり、以前買った製品をさくっと買取店で売却し、新しく出た製品を買う資金にする、というやり方をする人も珍しくはないそうです。

コーチは1941年、ニューヨークマンハッタンの高級皮革製品会社に端を発し、愛好家が世界中にいる有名ブランドとなりました。

むろん、日本でもその人気は不動のものとなっており、ブランド名の頭文字である「C」のロゴパターンの入ったバッグ、財布などは誰もが知る所ではないでしょうか。

人気もあり、パターンがよく知られて真似がしやすいのでしょう、偽物が多く、正規店での購入をおすすめしますし、そうでなければ間違いなく本物か、確認した方がいいかもしれません。

偽物をコーチと思い込んで買ってしまった場合には、ブランド品買取店で取り扱ってくれることはないはずです。

買取店が買取可能とする数々のブランド品のうち通常商品とは少し違った変わり種であり、買取店の方でも積極的に買い取ってくれることが多いものとして、ブランドの中でも限られた少数の有名ブランドが作った、ノベルティグッズがあります。

よく見られるのは、鏡、ポーチ、日傘や、よく知られていて人気のあるスノードームなど、これらはブランドの正規店でも買える物ではなく、商品を購入することで店からプレゼントされるものです。

そんな高級ブランドの販促物たるノベルティグッズですが、コレクターが大変多く、人気も高いということで、割と良い値段がつくことも多いのです。

ですから、もし仮に所有しているノベルティグッズがあるなら試しに、ブランド品買取店に査定を依頼してみましょう。

高額査定もあり得ます。

買取店に、使用しなくなったブランド品を買い取り依頼する場合、その商品購入時に付属していたギャランティカードがあるかないかは大きな違いです。

本物であるとの保証ですから、あった方が良いには違いなく、店により、あるいは商品がどういうものかによるのですが、保証書の類がない物は買い取りを断られることも珍しくありません。

ところが実は、ギャランティカード等の保証書が付属していなくても、そのお店の査定員が本物であると鑑定したなら、価格は落ちるものの、買い取りしてくれることもあるということです。

ギャランティーカードが必要なブランド品についての情報は買取店が立ち上げているサイトなどを見れば記載があるでしょうから、見てみると良いでしょう。

原則としては、購入時の付属品は揃っていた方が良いです。

買取価格がぜんぜん変わってきます。

個人が、何らかの商品をブランド買取店に買い取ってもらう際、用意しておく必要があるものと言えば運転免許証など、本人確認ができる書類です。

なぜそんな書類が要るのか、その訳としては、法律(古物営業法)によってブランド買取店は、中古のブランド品を売ろうとしている人の、名前、住所、年齢などを確認する義務があります。

そのために身分証明書を見せるように言われるのです。

所持している人の割合が大きい、運転免許証が使用されることが多いですが、パスポートや健康保険証、住民票、住基カードも使用可能となっています。

ともかく提示することになるのは確かですから用意しておく必要があります。


埼玉県の方向けお酒買取サービスに関するお役立ち情報

\おすすめのお酒買取業者なら/

埼玉県でお酒の高価買取なら