お酒買取の評判口コミ

\高く売るならまず査定/

トップページ

不要になったけど片づけるきっかけがなかった…
もらいものだから捨てられなかった…
遺品整理でお酒が出てきた…


そんな悩みをお持ちの方へ。

こちらでは、もう不要になってしまったお酒を整理したい方のために、査定料0円・送料無料で高価買取してくれるバイセルをご紹介しています。

【高価買取強化中!】お酒を売るなら出張買取または宅配買取がおすすめ!

お酒と一言でいっても、いろいろな種類があります。

ひと昔前までは品物を店舗まで持っていく持込買取(店頭買取)が主流でしたが、今ではまとめて売れる出張買取や宅配買取のほうがメリットが大きいと評判です。

というのも、全国チェーンの買取専門業者であれば、変な値段で買いたたかれるようなリスクが少なそうという安心感がありますよね。

あとは、出張買取の場合は品物を運ぶリスクがありません。(収納場所から出すときぐらいでしょうか)

バイセルのような大手であれば予定していたお酒以外にも貴金属なども一緒に査定してもらう事も可能になるため、メリットが大きいです。

もし万が一急に不安になったり満足できなくなってもクーリングオフ制度の対象になっていますから、その点も安心です。

評判で選ぶならバイセル
\お酒が高い!全国対応/

査定料0円・キャンセル料無料
PC・スマホから査定申込OK
買取方法出張買取
宅配買取
お持込み買取
対応エリア全国
送料
キャンセル料
すべて無料
(※返送時の送料はお客様負担)
  • 宅配買取の送料無料
  • キャンセル料無料
  • 最短30分で出張査定
  • 顧客満足度NO.1で人気
  • 査定だけでもOK

【お酒買取実績はこちら】
ブランデー、ウィスキーが買取対象です
洋酒、古いお酒、箱を無くしてしまったもの、ミニチュアボトル、グラス、オープナー、バカラの空き瓶、流行から外れたもの、など

【用意しておくもの】
運転免許証やパスポートなどの本人確認書類

まとめ

こちらでは、使い道のないお酒を処分したい方のために、おすすめのバイセル買取をご紹介しました。

眠っているお酒などがそのままになっていませんか?

この際バイセルを利用してスッキリ整理してみましょう。

こちらでご紹介しているバイセルは、無料で査定を行なってくれるので安心です。出張買取を希望する際には、女性査定員を指名することも可能なので、女性の方も安心してご利用を検討してみてくださいね。

お酒買取によくあるQ&A

今一番注目されているお酒買取サービスを検討中の方のために、よくある質問と答えをQ&A形式でご紹介しています。

良ければ査定に申し込む前にチェックしておくことをおすすめします。

Q. 遺品整理をしていたら古いお酒が出てきました。お酒の買い取りって制限はありますか?

A. 基本的に制限はありません。

お酒を複数持っている方は、なるべくまとめて査定してもらった方がおすすめです。

ちなみにほとんどの業者が、買取予定の品以外の査定も追加で行なってくれます。

査定が無料な業者を選んだなら、価値が分からないものや不要なものなどまとめて査定してもらうことをおすすめします。

Q. 大切なお酒を売ろうと思うんですが、少しでも高く買取してもらう方法ってありますか?

A. 高価買取、高額査定をしてもらうコツはあります。

  • 持込買取より出張買取か宅配買取で売る
  • まとめて売る
  • 箱や付属品、証明書があれば一緒に売る

相場より高値で売るコツは上記のとおりです。

そのほか、高値で買い取ってくれるお酒は人気の色や状態などが関係してくるようです。

あとは、人気の高いものは市場価値が上がるのでその分高く買い取ってくれるようですね。

お酒買取の基礎知識コラム

ハイブランドと知名度と比べれば少々マイナーの部類とはいえ、若い世代を中心に人気を集めるヴィヴィアン・ウエストウッドは1970年代のロンドンで生まれたファッションブランドです。

ともすると前衛的という言葉で集約されてしまうヴィヴィアンですが、上品さと可愛さを両立させたデザインで、ワンポイントで入ることの多いブランドロゴは、王冠と地球のオーブであり、目に付きやすく印象的です。

ブランドとしては服飾中心のように見えますが、それだけではなく、バッグ、靴、時計やアクセサリー、といったものなど服飾に関わる周辺商品も充実しています。

人気のあるブランドではあるのですが、その商品の買取店における扱いを見てみるとなかなか高額買取になることは少ないかもしれません。

ヴィトンは、世界有数のファッションブランドであり、特にバッグ、財布が商品の中核をなしており、ルイ・ヴィトンというブランド名は創業者の名前です。

ルイ・ヴィトン(LouisVuitton)のLとVを組み合わせであるモノグラムを使った、ルイ・ヴィトンの象徴ともいえるパターンは華やかで高級感があり、飽きのこないものです。

このブランド愛好する人の世代は広く、定番商品などの人気は続いていますが、ファンの中には、時折出る新作や、限定品などをまめに購入する向きもあり、以前購入し、使っていないヴィトンを買取店に売りに出してお金にし、話題の新作を買うことにしている人もいるようです。

フリマやネットオークションなど、あまり信用のおけない入手先から購入したブランドの品物をお金に換えるつもりで買取店に査定を頼むと、それが巧妙なコピー製品だった、ということはそんなに珍しいことではなく、プロの査定員が真贋の見分けがつかないはずはなく、すぐに買い取ることはできない、と伝えられるはずです。

しかし、まかり間違って買い取られることがあるのです。

偽物を見抜けなかったお店側の責任は大きいとはいえ、流通させるべきでない偽物をお店に持ち込んだことで、トラブル発生もあり得ますから、買取店に売ることを予定しているならなおさら、ブランド品を買う時は正規店などを利用し、面白がって真贋のはっきりしないものを購入しないなどは最低限、注意しておくべきです。

ベネチアの工房、という意味のブランド名を持つボッテガ・ヴェネタは、イタリアのファッションブランドで1966年の創業です。

商品は主に皮革製品を中心とし、そしてボッテガといえば、職人技のきっちりした革の編み込みを特徴とし、ブランドロゴは目立ちませんし、製品の形状、バッグや財布の形は概してシンプル、品質は高く、機能美にあふれ所有しているだけでも、豊かな気持ちになれそうです。

そこそこカラーバリエーションの多さもあり、色違いのものをカップルで持つことができるからか、プレゼントとしても人気があります。

ボッテガ・ヴェネタの製品に飽きて、もう使わないというのであれば、ブランド品買取店での売却をおすすめします。

新しいながら、とても人気のあるブランドですから、高い買取額がつくでしょう。

中古ブランド品の買取店が嬉しい買取になるのがプラダなのですが、ミラノでマリオ・プラダとフラテッリ・プラダの兄弟がつくったご存知、イタリアの誇る高級ブランドです。

立ち上げた当初は皮革製品を扱う店で、高い品質の商品を作り、王室のご用達となったのです。

時代は変わり、ミウッチャ・プラダが3代目オーナー、兼デザイナーとなりました。

これにより、「日常を贅沢に飾る」という言葉を掲げてコンセプトにし時代に合った素材、革新的なデザインの商品を開発していき、世界的ブームを巻き起こした歴史があります。

この先使うつもりのないブランド品があるなら、どこかにしまいこんだままにしないで、売ってお金にすることを考えてみましょう。

そうしたブランド品をせっかく現金化しようとするのですから、買取価格は「なるべく高く」と願ってしまいますね。

しかしながら、ブランド品の買取価格は、どこの同じというわけでは決してありません。

そういう訳ですから、どこの業者が高い値段で買い取ってくれるのか探し回らなくてはいけないことになってしまいます。

ですが、実のところ、手間いらずで探す方法がちゃんとあります。

一括査定サイトという、正にこうした事態に対処するためのシステムを便利に使えば簡単に、何社かの査定額がわかるでしょう。

一括査定サイトの入力欄にブランド物の詳しい情報を書き込み、無料で査定が申し込めます。

手持ちのブランド品のうち、いくつかはもう不要品になってしまっていませんか。

流行り廃りもありますし、新しい物を買ったらそちらを優先して使いたくなるものです。

そうして不要になったブランド品を買い取ってくれる業者が、最近では人気があります。

ただし業者の利用を考えるなら、まずはネット上に流れている口コミ情報を探し出して読んでおくと良いでしょう。

とりあえず、大変評判の悪い業者というのはすぐ判明します。

それから、対応が悪かったり、露骨に買取額を減額してきたりお店独自の方針として、買取価格が最初からかなり安くしてあるところなど、そういった情報を得られ、お店選びの際には、かなり参考にできるでしょう。

使わなくなったとはいえ、大事にしてきたブランド品をできるだけ良い値段で売りたいと考えるなら最低限の情報収集は必要となってきますから、手間を惜しまないようにするのが賢明です。

愛好家の中には、良品質のブランド品を長期間上手に使用して、熟成させた感じを楽しむ人は多いです。

物が良いだけに、風合いが良くなったりするのです。

ですが、そういった古い商品を売って換金しようと考えるなら、それはあまりおすすめできません。

売ろうとしても十中八九、実物の古さのあまりに値段が驚くほど安くなるでしょうし、あるいは、そもそも査定もしてもらえないことだってあるはずです。

大事にケアしつつ使っていても、経年劣化は避けられませんので、元がとても高価な良品であっても、それを反映した値段がつくことはないでしょう。

そういうものだと知っておいてください。

「ブランド品を買い取ってもらおう」と買取店を利用する場合、何はともあれ必須なのが本人確認のための書類で公的機関から発行されたもの、例えば運転免許証などです。

なぜそんな書類が要るのか、その訳としては、ブランド買取店が古物商だから、ということになります。

古物商は古物営業法によって、古物を買い取る相手の本人確認をしないといけません。

ですから身分証明書(本人確認書類)を提示することを要求されます。

運転免許証で用を済ませる人が多いですが、健康保険証やあるいはパスポート、それらがなければ住民票でも大丈夫ですが、提示することになるのは確かですから忘れてしまうと、最悪の場合は出直すことになりかねませんので注意しましょう。

オメガといえば、人気があるのはスピードマスターでしょうか。

ファンが多く、需要も高く、ハイクラスのものであれば買取で結構良い値がつきそうなものですが、相場価格はあらかじめ、ネットなどで調べておく必要があるでしょう。

そうでなければ、店がその価値を十分理解しないか、在庫が有り過ぎるなどした場合、格安の査定額を出してきますが、それを格安だと判断できないでいると大きく損をすることになります。

もう一つ、買取価格アップのためにキャンペーン期間中のサービスを使う、ということも可能です。

買取店においては、たまに、期間限定ながら買取価格を数パーセントアップするなどといったようなキャンペーンを行なうことがあります。

それ程急いでもいるわけでもない、という場合は、高価買取に出来る限り近づけるためにも、キャンペーン期間がスタートするまで待ってから買取を依頼することにしては、いかがでしょうか。


お酒買取サービスに関するお役立ち情報

\おすすめのお酒買取業者なら/

お酒の高価買取なら